読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱と私の生活は続くよ

双極性障害Ⅱ型と診断されてから何かが色々と変わった私の生活と自分のこと、そして日々思うことを徒然と。

いつなら大丈夫なのか

本日もやってしまった。

「おはようございます、今日もまだ体調が優れず…すみませんがお休みさせて下さい」

そう、会社に行けなかった。
それもまだ出社1日のみの新しい転職先。
行けたのは1/5の初出社だけ。

無理なのか?
いや、私なら行ける。
でも動けない。
ここで止まったら…どうなっちゃうのさ。
辞めたらまたゼロから転職活動…。
好条件の揃った所で内定もらえる自信もない。
周りはまだ休め、無理しなくていいって言うけど。
お金もうないし。
初めてじゃない。これで何回目のお休みなのか?
これまでで何回そういうことをしてきたのか。
初めての緊張や不慣れなものから逃げ続けてる。
病気のせいにして。
そんな気がする。

自分と自分がぶつかって
休んでから7日、初めて思いっきり泣いた。

去年、少し調子が良かった時に受けた会社。
事務職とかきっちり定時残業なしといった仕事じゃなくて、自分の企画や調整で物事を回していく仕事。念願の正社員での仕事!
自分の裁量で仕事がしていけることが目標だった。
受かった時はテンションあがった。
この流れで今までの自分や病気の鬱々とした気分からも脱却できるんじゃないか?と期待もした。

ただ同時にプレッシャーや責任感や期待値がムクムクと大きくなって、入社2日前に体調を崩しSOS。会社から入社日を1月にしましょう。と提案されて…今に至る。
入社から一瞬解放された12月の数日間はすこぶる体調が良かった。現金すぎる。
結局行けないのはプレッシャーとか責任感とかそんなかっこいい言葉を並べて片付くものじゃない気がする。それは建前だ。むしろ盾後ろだ。
きっと本音は「ただ行きたくない」だけなのだ。
それは私が一番よく知っている。
過去に何社もそうやって逃げている。
受かっては初日に行かなかったり、
初日の昼休み後から「体調が…」と言って、辞めたり。初日に行っただけで知った気になってしまってもういいとか。
仕事を、働く事を、生活を舐めていた。
今でもそうかもしれない。
私の場合「逃げるは恥だが役に立たない」なのだ。

誰だって初日は緊張する、
慣れないことは疲れる。
それなのに私はそれを受け入れない。
体調が悪い、会社の○○が前職場と違っているからとか、いろんなものを言い訳に現実を認めようとしない。
いつだったら大丈夫なのか気になって仕方がない。
でも誰にもわからない。
今の私の任務はただ行くだけなのだ。
挨拶して、いろんな人の名前覚えるくらいなのだ。
会社もまだ入って1日の私にプロジェクトを任せようなんてしていない。

この拒否反応は双極性障害とは別物のような気がする。
私自身の私のみの病気。
病気でもないな。ただのわがまま。

これを読んで不快に思う方もいるかもしれない。
もっと苦しい思いをされている方もいるかもしれない。
でも私も苦しいです。


さて明日は行けるかな…