読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱と私の生活は続くよ

双極性障害Ⅱ型と診断されてから何かが色々と変わった私の生活と自分のこと、そして日々思うことを徒然と。

カブトムシ生活

15時や16時頃、今の季節既に日も暮れ始めようとしている中モソモソと二度寝から目覚めて
暗い部屋でテレビの明かりを頼りに遅めの昼ごはんを食べる。それもカップラーメンや、昨夜に買っておいたパンやおにぎり。もはや早めの晩ご飯か。
カブトムシみたいな生活。

これって精神衛生上、絶対よろしくない!
でもやってるからこれの悪さが身に沁みてわかる。

なんでこんな生活なのか。
それは父親が「私が会社に行っている」と思っているから。
うちは自営業なんです。
自宅の目と鼻の先に父親の会社があるから、
昼休みやちょっとした休憩などでしょっちゅう家に帰ってくる。そこで鉢あったら…(怖)

あいにく私の部屋のドアは磨りガラスをあしらったもので微妙に明かりや音が漏れる。
父が煙草を吸いに2階のベランダにやってくる。
途中に私の部屋がある。
なのでドアに服をかけて光が極力漏れないようにしたり、色々と工夫したが今度は部屋が暗くなる一方。
心身における不健康一直線!

昨年に病気が発覚して、仕事とは一旦離れると決めた。けれどダラダラした生活も良くないと、資格を取ろうと思い週3でスクーリングすることにした。
なのでその頃は私が日中家にいることにも父は頷いていたが、
今は違う。
いたらいけない娘が家にいる…とわかれば、
その時、私は海に沈められているかもしれない。

父はとにかく暴君だ。絶対王政だ。
怖くてたまらない。
けれど私には直接怒らずに母を的にする。
とにかく父はこの病にとんと理解を示さない。
なんかわかってるようでわかっていない。
「だってお前ちゃんと仕事に行けていた時期があるじゃないか!?何年も」
大体こう言う。だからもう隠れるしかない。

幸いな事に母は理解がある。
というより、母は母で「パニック障害」と35年も
共に歩んできている。大先輩だ。パイセンだ。
病院に連れて行ってくれたのも母が通っている病院だった。
私が朝や夜に「ツラいー苦しいー」と行進したりその場をグルグル回って母に訴えるのだけど、
母は「そんなこと言っても私は何もしてあげれないの。私の方が苦しい!この世でいちばん私がツラい!」と、ツラい自慢を母子で繰り広げる。

子供の頃、母はよく寝ていた。
訂正、今でも寝ている。飼い猫並みに。
昔、仕事してる母を持つ友達にkaoちゃんのママは何してるの?と聞かれたら「寝てるー!」と答えてた。
母親とはみんなのごはんを作ることと寝るものだと思ってた。(母方の祖母と同居しており、掃除や洗濯は祖母がしていた)
なので物心つく頃まで、家族で遠くにおでかけすることはなかった。車以外の乗り物は大体一駅もしない頃にギブアップ。
車も高速に上がった瞬間辺りからギブアップ。
小さい頃にディズニーランドや海外に行った記憶もあるが、全部父と2人や妹含む3人が主流だった。

私も23くらいの時にパニック障害になった。
上京して仕事に就いて、初めての里帰り、休みを満喫してまた東京に向かう新幹線の中で初めて症状が現れた。いきなり目の前が真っ暗になって息もできず、あれは死を覚悟した。
東京に着かずに兎にも角にも一旦実家へリターンした。リターンする時の新幹線は何も起きなかった。
その次からもうダメ。もう無理。白旗。
仕事行きたくない病が発症。新幹線乗れません。
思えば、私の今の「出社拒否症」はこの頃からスタートしているのかもしれない。
(いや、もっと前だ…それは後日改めて)
何か異変を、自分が誰よりも大変ですよ!と伝われば許される…そんな生ぬるい、甘ったるい考えをしている。最低人間だ。

私のパニックはその仕事を辞めてから、数か月でなくなった。原因がハッキリしてたから。それを取っ払ったら消えていった。

その後、数年は健やかとは言えないかもしれないがそれなりに人間らしい普通の生活を送っていた。


…そして今。
冬は日の入りが早いから一段と早く暗くなって、部屋も本当に真っ暗。
そんな中で携帯の明かりとテレビの明かりだけを頼りに部屋でモソモソと生きている。
たまにテレビの明かりが強すぎて廊下に漏れるから、携帯明かりの生活もあるが。。

とにかく脱出したい 。この生活から回避したい。

図書館とか行けばいちばん良いのだけれど、
足が向かない、というか
朝仕事に行く時間に起きて父親にアリバイを作って、そこから仕事や図書館に行けず部屋で寝る。
変な時間に図書館とか外出しようとして父親にばったり出くわすのも怖い。
そしてモヤモヤを考えたくないから寝る。
そうこうして起きると夕方になっている。
あぁ今日もやっちまった。

いちばんわかる。
こんな生活がいつまで続くのか。
明日なら図書館に行けるかもしれない。
仕事までのモチベーションを作らないにしても、
図書館を目標にしてみよう。と、今日も昨日と同じ目標を立ててみる。
とりあえず朝、どこかに行ければGJ!