読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱と私の生活は続くよ

双極性障害Ⅱ型と診断されてから何かが色々と変わった私の生活と自分のこと、そして日々思うことを徒然と。

わぁー。

心の叫びか。


心はどこにあるのだろう?
胸か頭か。


何もしなくなってから、
というより昨年資格の勉強を始めてから
再び喫煙習慣が始まった。
せっかく禁煙できていたのになぁー。

何もなければないほど
肺を汚していく機会が増える。
今日も本数多かったなー。

全く明日への実感がない。
行くの?行くのか私?

5日に初会社に行けた時に喜んでくれて、
「大丈夫、あっと言う間に終わるから」と、
背中を押してくれた母親も今はもう
「行けないんでしょ」と呆れてる。

困ったことに私はちょっとした天邪鬼さんだ。
「できないでしょ」とか「失ってしまう」という瞬間に真逆の気持ちが湧く。
「やれるんだ」、「失いたくない」という気持ちがフツフツと湧いてくる。
はぁー、我ながらめんどくさ。

でも無理とかネガティブキャンペーンをされると、
それに反したくなるから、
明日行ってやろうか?とかそんな気持ちもないことはない。
けど、全く現実味がない。
そもそも会社に行くとかどうのとか…リアリティは必要なのか?
そんなの要らなくて、嫌だなーって気持ちがあっても、みんなきっと普通に明日を受け入れて朝が来たら普通に起きて準備をしてドアを開けて電車に乗って会社に向かうんだろう。
きっとリズムなんだろうなー。
前に働いていたことが大昔のように感じるけど、
多分私が働いていた時もリズムだったと思う。
会社に行くというだけの行為に現実味とかそんなのないしね。
でもその感覚がわかないんだよなー。
とは言え、明日いきなり「辞めます」と言えるほど私の心は頑丈ではない。
もう「休む」というカードは使い果たしてしまった。
ならば行くしかないのか。

うーん、一人、背水の陣。
嗚呼、また肺を汚しているよ。