読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱と私の生活は続くよ

双極性障害Ⅱ型と診断されてから何かが色々と変わった私の生活と自分のこと、そして日々思うことを徒然と。

朝の出来事

この時間にブログを書いてるとな。
それはつまり今日も行けなかったのであーる。

もうどうしようもなく手足が震えたり、
頭いたーい!ってなったり、
わぁぁぁぁあって叫んでみたり、
ベッドから立ち上がったり座ったり、
部屋のドアから出たり入ったり、
2階と1階を昇り降りしたり、
愛猫を何回も触って起こしてみたり、
何回も顔を洗ってみたり、
靴下脱いだり履いたりしたり、

…ふぅー!とにかく色々した。
忙しい朝だった。

最終的に落ち着いたのはスマホを手に持ってお山座りして、ショートメッセージ画面をじっと睨む。
指が動いたのはいよいよバスに乗らなきゃいけない時間だった。

腹括った。
「おはようございます。体調は良くなったのですが少し自信をなくしており、どうにも家から踏み出せず出たり入ったりを繰り返しています。初めてのことでどうしたら良いのかもわからず取り急ぎご連絡しました。ご迷惑おかけしてすみません」と。

「少し自信」とか「初めて」とか
ほんのちょっっっと演出が入ってるんだけども。
へい、常習犯ですわ。

クビだのなんだの、
もう何を言われても仕方ないと覚悟した。

だって新参者が1日しか出社せず、
いきなり翌日から熱出して、挙句の果てに翌週は溶連菌(←これホント)に罹患して2週間近く休むとか、会社からしたら迷惑千万以外の何ものでもないでしょーに。
で、今日出社すると思ったら今度は家の出入りを繰り返す、再生と巻き戻しを繰り返すコントのようなことしてるやつがSOS出してきてるんだよ?もはや妖怪だぜ。
はぁー、こんな妖怪相手で担当のKさんには申し訳なさすぎる。ただでさえ忙しそうなのに、仕事増やしちゃってさ。単身赴任だし。Kさんが壊れないことを切に祈る。めっちゃ飲み交わしたい。

とまぁそんな妄想をしていたら返信が来た。
「それは恐らくメンタル系が原因かと思います。
受け入れたくないかもしれないけど、誰にでも起こります。無理しないで、可能なら心療内科を受診してみては?」と。
あぁそいえばKさん、文字打てないからメールは好まないって言ってたのに、文字数制限あるから2回に分けてメッセージ送ってくれたよ…電話で済ましたいだろうに。心が痛い…うぅ(泣)

それでもってもう病院通ってますよ。
しかと受け入れ済みです…Kさん。
原因はわかってます。己の問題です…Kさん。

「追記、○病院の●先生がうちの産業医です。ただ人気の先生なのでちょっと予約が取れるか確認してみます」

あぁそんな人気の先生まで紹介して頂けるのね。
でもその先生に私は持病をクローズでいくよ。
今日起きたことを人生初の事として挑むよ。

私は何がしたいのだろうか。
結局は今ある仕事を失いたくないのだろう。
でも行けない、いや、行きたくないのだろう。
「大病ではないのよ?でもこの人ちょっとアレだから少し休めば行けるから…」っていうお医者さんの一言が欲しいのか。
自分の性格的に、周りの目を気にしすぎるからそんなお札付きの私になってしまうと余計に行きづらい気もするんだが。ましてやまだ人の顔と名前すらわかんないし。うしろゆびさされ組みたいなさ。

ていうか、私めっちゃ甘ちゃんじゃんか。
最低の大バカ野郎だ。さすが妖怪だ。感服する。はぁー。

それ以来、1時間以上Kさんから連絡がなくなった。色々とあくせくしてるのかしら。
寝るに寝れないじゃないか!
この期に及んで寝ようとしている己が酷すぎる。

あー、新しい病院かー。遠いし。
また質問数が多い問診票書いて、、
同じような質問されて、、
憂鬱だなー。遠いし。遠いし。

あ、いつもの病院にも行かなきゃ。
薬がない!それこそいちばん不安!