読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱と私の生活は続くよ

双極性障害Ⅱ型と診断されてから何かが色々と変わった私の生活と自分のこと、そして日々思うことを徒然と。

大至急、布団を!

バスの中ですが。
病院の帰りですよ。
はやくお布団に入りたい。

いつもまろやかに対応してくれる主治医が
語気をちょっと強めに
「やっぱりですねー、まだ早いと思うんですよー。今までの生活から朝いきなり通うようになるって。フルタイムですし、自分の時間じゃなくてお仕事なわけですからね」と。
「こうして話してると普通に見えますからね、会社の方もそう思われてるかもしれないですが…実際違いますもんね?どうですか?」と。
うん、確かに。
でも普通っちゃ普通なのかもしれないし…。
なんか自分でもよぉわからんのー。

で、診断書をもらってしまった。
というより軽々しく自分から「診断書…」と呟いてしまった。なんてこった。
「書いたら私は事実を書かざる負えないんです。いいんですか?」って主治医まで言うし。
診断書の効力舐めてるわ私。

案の定、「双極性障害 約1ヶ月の休みを要する」ってバーンって書かれてる。


うわぁー。



うわぁー……。



これは出したら即アウトでしょ。
うーん、うーん。

カードは2枚。
出すか出さないか。
あぁ出さなきゃいけないんだろうなー。

なんかこの問題が余計な負荷になって胸騒ぎがしてきた。ハラハラハラハラ……

明日思い切って「はろー!」って会社に行ってみようかしら。


あー。
思考がまとまらない。
早く布団に入ってしまいたい。