読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱と私の生活は続くよ

双極性障害Ⅱ型と診断されてから何かが色々と変わった私の生活と自分のこと、そして日々思うことを徒然と。

しぱしぱ

目がシパシパします。
目がぁ〜目がぁ〜!状態です。

眠いってことだな。
あ、これ意外と薬飲まなくても寝れるヤーツーかもしれない。
今日は朝起きてからグダ寝もしてないしな。
それにしてもマメじゃないと言っておきながら、
更新回数が芳しくてすごいね。
鬱陶しいくらいマメじゃないか。
やることがないからね。
思いを吐露する場ができて良かった良かった。

薬は断つように!とか、
薬を飲まない生活を目指して!とか色々見るけど。
そりゃー薬はない方が良いんだけどもね、
薬があることで生きていけるならそれで良いんじゃないかと思うのですよ私は。
とは言え、私は薬嫌いだし、飲むのも下手だし、、
正直病気と一生付き合っていかなきゃならないという事実より薬と一生付き合っていかなきゃならない事実の方が嫌だった。ゲロゲローって。
1日に13錠も飲まなきゃならないなんてホントつらい。ない方がいいんだけども。
なんかよくわからないんだよね。効いてるのか。
健常者が双極性障害の薬を飲んだらどうなるんだろ?
私は実は健常者で、薬飲んで眠いとかダルくなったり、余計おかしくなってるんじゃないか?ってたまに思う。
薬とは化学の人工物なわけだけど、
でもそれで何十年と生活していけるなら薬に頼っても良いのだと思う。
パニック障害である母は「私薬好きだから〜」って言うし、「今の薬の進歩はすごいのよ〜昔、こんな良い薬なかったから辛くて辛くて…だから薬があって助けられてるならそれでいいじゃない」って。
なるほどな。
生かされてるとまでは思わないけど、
薬はまぁ一生を添い遂げるヤツみたいな感覚なのかなー。
それにしても、子供を産む時に薬を一旦止めると考えると逆にその方が恐ろしいと思えてしまうのはもはや薬を相棒と考えている証なのかしら。

あー、目がシパシパする。