読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱と私の生活は続くよ

双極性障害Ⅱ型と診断されてから何かが色々と変わった私の生活と自分のこと、そして日々思うことを徒然と。

一言

で、私の思いは収まらない(笑)

つぶやきSNSが出てきてからどれくらい経つだろう?

どうしてもそっちに移行はできない。

一言って誤解を生むじゃない。
そもそもSNS自体、面と食らって言うものじゃないから誤解が発生しやすいのだけど。
反対というわけでもない。
いろんなコミュニケーションが取れるし、
情報も得やすいだろうからね。

でもそれぞれの性格や使い方で何をどのように選ぶかって話しだけど。

今って生きにくい時代だなーと思う。
怠ける時代というかさ、
ガツガツさがないというか。便利なんだけどね。
情報も自分から取りに行くことなく、
オートマティックに自分の傾向や検索履歴から似通ったものが次々に上がってくるじゃない?
そりゃ嬉しい時もあるよ。
お気に入りの芸能人の新しい情報とか、
出演情報がすぐわかるし。
でもあれって欲しいものを取りに行くために何をしたらいいかっていう考える力を奪うものだよね。

そいえば、いいねSNSが出てきた時に流れに沿ってなんとなく私もやってみたけど、
そもそも減友活動中だし、あんまり友達と言える子もいないから次々にあがってくるリア充の写真とか見て「なんだかなー」って思ってた時、
あれは29の時だったかな。うん。
そこまで友達と言える間柄でもない子から、
「kaoちゃんひさしぶりー♡今、○○で働いてるんだねー!もし良ければ職場の人達の合コンしてー♡♡」ってメッセージが来た。すごいライオンじゃないか!(笑)イイね!(笑)
言わずもがな、29歳だったから結婚に焦ってたんだろうね彼女。
で、おもしろかったから既婚者揃えて合コンした。
「みなさん独身なんですか?えー!見えなーい♡」ってルンルン上目遣いしてたけど、
中盤に既婚者ってバレてすぐに顔色変わってたね(笑)あー、笑った。
終始テンション高かったのは連れてきたオヤジ陣ですわね。
でも彼女は「独身揃えて♡」なんて言ってなかったし、私も意地が悪いなぁ…。
でもそんなことしかあのSNS上では巻き起こらず、
私にとっては不要だったなー。
だから結局ブログに戻るし、
言いたいこともいっぱいあるからブログが良い。

そう、それでもっと言いたいのは
言うことに責任持たない人達が多くなって、
その言葉に社会は翻弄されてしまうってこと。
誰かわかんない人の責任ないたった一言に、
一会社が大目玉を食らうことだってある。


…やるせない。

なぜ企業がその一言を言われないようにビクビクしなきゃならないのだ。
私が企業オタクってこともあるんだけど、
どうしても企業側に心を寄せてしまう。
そりゃ悪い会社もあると思うよ。
でも文句あるなら目見て言いな!って思う。


嗚呼…切ない。


ありあまる情報は時に人をダメにする。
無責任な一言が歴史を崩してしまう。
ちょっと足りないなぁーくらいの塩梅が、
いちばん良いのはどんなことにも言えるのかもしれないね。