読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱と私の生活は続くよ

双極性障害Ⅱ型と診断されてから何かが色々と変わった私の生活と自分のこと、そして日々思うことを徒然と。

あれ?

今日はちょっとパワーがある。
けど体は動かず、、
あとちょっとで行けそうな気がする!
躁転したんじゃないか?と一瞬驚いた。
まぁしかし体が動かないのと可動時間が遅いのは今までをまだ物語ってるのだろう。
とは言え、鬱でもない気がするんだけどなー。
どうなんだろうか。

なんか今までのソワソワじゃなくてムズムズする。
ホッホッホッ…っていう感じ(笑)

いつも主治医に診てもらう時、よく擬音を多用するのだけども、ちゃんと伝わっているのかしら?とたまに思う。

あー、少し気が前に向いてるのにすることがない。
外に行く気が起きない。寒いし。
図書館行けばいいのに。
明日から始めよう…ってこれダイエットしようと思ってもしない人と同じ発想だよね。
夜とかになると「明日は図書館行って、本を読もう!1日1冊!読んだらレポート書くのだ!」とわけのわからん目標を立てていたりする。
実現しておらず…!

そんな気持ちで恐らくムズムズして、
なんともまぁ布団に入ってしまった!
なんてこった!!
私寝てしまう!

これってただ単に引きこもりニートではなかろうか?
そう思うとなんか嫌な気になる。
引きニートなんて嫌やッッ!
よし!そう思おう!!
そしたらもっとパワーが溢れる!きっと!

しかし…一度布団に入ってしまおうものならば、
そこは天国とも地獄とも言い難い、楽園に値する場所なのだと浸ってしまう。
ぬくい。気持ちが宜しい…。