読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱と私の生活は続くよ

双極性障害Ⅱ型と診断されてから何かが色々と変わった私の生活と自分のこと、そして日々思うことを徒然と。

金なし職なし…なしなし

ご無沙汰でした。

先日、とうとう会社の上司と面談が。
話しに話し合った上で、やはり辞めることを決めました。苦渋の決断ってやつです。
上層部に対して庇い続けてくれていた上司にも申し訳ないし、社会一般的に考えて会社の在り方というか、このような社員にどう対処するかとか考えるとこれが妥当なんだろう…と。
だってそれじゃあ「明日から行けますから〜」なんて保証もなく言えないし。
足にすがって「うぅ…(泣)」なんて寛七お宮みたいなさ(笑)

面談終わった後はとりあえず「嫌や嫌や」って、
口を真一文字にして、なんかすぐ帰る気にもなれずとりあえずミッシェルを爆音にして喫茶店でコーヒー飲んで現実を噛み締めた。

それなりに少しずつ時間が経って、ファーってキリが晴れるように不安は消えていきスッキリした。
「あー、明日からもう朝の連絡や会社のことで悩まされなくていいんだ」とな。

それと同時に。
明日から「何もない」ということに漠然と不安を覚えるようにもなった。
不安って尽きないよね。

やりたい仕事をそれなりの会社で正社員としてやれる日は来るのか?仕事はあるのか?受かるのか?

高望みかもしれないけど。
そこに辿り着かない限り、私は延々と辞めては入ってを繰り返してしまうのだと思う。


とにもかくにも、、
ここ1ヶ月くらいはまず様子を見よう。
というよりも、外に出れる訓練をする。


とは言え、昨日もその前もしてることと言えば、
ひたすら求人を探しまくっていたりもします。。


はい。