読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱と私の生活は続くよ

双極性障害Ⅱ型と診断されてから何かが色々と変わった私の生活と自分のこと、そして日々思うことを徒然と。

戦闘服!

これまでちょっと病気メイン、
出社拒否メインを書いてきたので、ちょっとパーソナリティな部分を。
これまで仕事をする時の服を買い集めることが大好きだった。
3枚のカードがすぐに限度額に達するのもそのせい。
交際費1、生活費2、洋服代7ですね。
VERYかOggiを主体に取り込んでおり、
このページのコーディネートそのまま一式を買ったことも幾度か。
上の雑誌でなんとなく察しがつく方もいるかも…しれないですが、そう!オフィス用に適したものしかないわけです。
ジャケット、インナー、ゆるシャツ、パンツ、ニット。
白黒グレー、ベージュ、キャメル、ネイビー、ロイヤルブルー、ペールブルーが主体。
ピンクのフワフワとか姫的要素を秘めたもの持ってなくて。
いかにもでしょう。
そんなこんなで困ることはオフと合コンとか。
過去に一度友人とお見合いパーティーに参戦した時、30対30で1分起きにローテーションして自己紹介していくやく。で、いいなと思った人ともう一度お話し。最終的に発表みたいなやつ。
その30人の男性と話していく中で、とある男性に「な、な、なんか面接されてるみたいです」と怖気づきながら言われたことは今でも忘れない。
というのもそのときも日曜にも関わらず、
ジャケットにパンツ、一応アクセでキラキラ感を出したつもりでしたが…面接かて!おい!
その後の発表のための着席時、私の前に男性は座らず余ってた男性はお菓子ドリンクコーナーで立ち見。
頼むから情けでもいいから座ってくれよ!(泣)
女に恥かかせる男なんて御免だぜ!

と帰り道の友人との反省会はそんな感じで飲んだくれでした。
仕事が私にとって「生」だったから、必然とそこに必要なものが集まる。
大層な人達とも仕事をしていくし、だんだんと買うものの値もあがっていく。

でも仕事をしていない今、完全なる私の戦闘服は寝間着かスウェットの一点勝負。

鬱ともなると服やオシャレ、自分に気にかけることも興味がわかなくなるイコール人にも会わなくなるというループでした。

服を買うのにいちばん大好きな春物が出始めてきている今、少しずつ戦闘服がほしいなーと思えてきている私。もちろん入るお金がないから買えないけど。また服を買うためには働かなきゃいけないですよね。うん。