読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱と私の生活は続くよ

双極性障害Ⅱ型と診断されてから何かが色々と変わった私の生活と自分のこと、そして日々思うことを徒然と。

冬空は旨い

入眠導入剤が効いてるのにその峠を越えてしまい、
なんだか未だに起きてるam2:43。
ベランダに出て極寒の中、手をガチガチに震わせながら煙草を吸っている。旨い。

昨年1月の目標が禁煙だった。
20代からもうずっと片時も離さず相棒だった。
煙草とコーヒーとハイボールがあれば無敵。

それがふと、30代女の喫煙はなんだか格好悪いという気持ちが湧いた。
いや、実際痛そうな女性が
「わたすぃ〜大人の女〜オシャンティよねぇ(鼻から煙)」的な現場を見て辞めようと思ったわけなんだけど。
だから初めて禁煙してみようと思って取り掛かった。働いてないから節約にもなるしね。

幸い風邪で喉をやられてた当時、
煙草を吸うのが辛い上になかなか風邪も治らず(これは絶対煙草のせいだ!)と思い込み、いとも簡単に卒煙できた。
20代の時なんて風邪で喉が痛ければメンソールの強い煙草にして喉をスースーさせてれば何とかなるなんてバカげたことをしていた。
そして、いざ禁煙!と、かなり覚悟して挑んだが「こんな簡単にできてしまった!」と喜びを覚え歓喜した。

…それから半年。
資格のお勉強が始まった。
週3で10時から17時までみっちり生徒ライフ。
宿題もテストもあるしだんだんイライラしたり周りの生徒さんとの比較とかで焦ったり。
気づいたらコンビニに駆け込んでいた。
(絶対あのコンビニ店員、「あいつ禁煙失敗したか」とか思ってるに違いない)
1本吸ったらクラクラした。
久しぶりのヤニクラ。
そこからまた喫煙生活が始まってしまった。
とりあえず資格の試験が終わるまでと自分に言い聞かせ、年が明けたら辞める目標を掲げたが今に至る。
寒い中で吸う1本って冷たい空気が一緒にブレンドされてめちゃくちゃ気持ち良いのだよ。

嗚呼そんなことを言っていてはいけない。
どこかで見切りをつけなくては。
そもそも卒煙とはどのくらいの期間できていれば合格なのだろう?
半年はまだまだ未熟者なのか?

相棒とはもう合うことのないようにしなければ。
永遠のお別れまであと3箱御座います。